So-net無料ブログ作成
旅行・観光 ブログトップ
前の10件 | -

そして九州へ [旅行・観光]



松山市から再度高速に乗って、愛媛県西部の八幡浜市を目指しました。時間に余裕があれば、宇和島あたりまで足を延ばすことも考えていましたが、「当日(12月27日)中に到着する」って約束したものだから…



2018-01-18T11:52:07.jpg八幡浜フェリー乗り場



四国から九州へ行くフェリーは、八幡浜から別府、八幡浜から臼杵、そして愛媛県最西端の佐多岬の三崎から佐賀関の3ルートがあります。webでのお奨めは風光明媚な佐多岬を走る九州まで最短の三崎佐賀関ルートですが、今回は時間がないので八幡浜からのルートにしました。



2018-01-18T11:52:07.jpg時刻表



八幡浜に到着して時刻表を確認。待ち時間が少ないのは臼杵ルート。運賃も臼杵ルートの方がちょっとだけ安い。フェリーを降りてからの高速道路へのアクセスは臼杵の方が良さそう。ということで臼杵ルートにしましたよ。



2018-01-18T11:52:07.jpg臼杵・別府



フェリー乗り場には思っていた以上にお客さんが多く、賑わっていました。フェリー乗船用の駐車場も満車で、このフェリーは地域の人の足として機能していることを実感しました。これでもうちょっと運賃が安ければ…



2018-01-18T11:52:07.jpg宇和島運輸フェリー



フェリー自体は、いつも帰省時に乗っている「さんふらわあ」に比べると小さいですが、船内は広くて快適(嬉)二等客室の座敷のワンスペースを貸し切り状態で使えたし、危惧していた船揺れもさほど大きくなかったですしね(喜)



2018-01-18T11:52:07.jpg夕日の中を出港



年末の帰省旅行の記事は、今回でおしまいです。今回、四国の2県、香川県と愛媛県を走って、車で走ったことのない都道府県は、北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、新潟県、福井県、石川県、富山県、そして高知県の11県になりました。特に、青森、秋田、岩手の3県は一度も行ったこともないので、元気なうちに行きたいですね。



最後まで見ていただき、ありがとうございました。



***************



今回の帰省旅行のおさらい(覚書)



2017年12月25日ー26日



出発→東京湾アクアライン→首都高→保土ヶ谷バイパス→東名高速→新東名高速→伊勢湾岸道→新名神高速→京滋バイパス→名神高速→中国道→阪神高速→神戸淡路鳴門自動車道(明石海峡大橋→大鳴門橋)→高松道



観光した場所:渦の道(徳島県鳴門市)、がもううどん(香川県坂出市)、銭形砂絵(香川県観音寺市)、琴平(香川県仲多度郡琴平町)(宿泊先:ことひら温泉琴参閣)



2017年12月26日ー27日



出発→松山道→宇和島運輸フェリー(八幡浜→臼杵)→東九州道



観光した場所:金毘羅宮(香川県仲多度郡琴平町)、松山城(愛媛県松山市)、道後温泉本館(外観のみ)(愛媛県松山市)




nice!(23)  コメント(1) 

松山城@愛媛県 [旅行・観光]



金毘羅さんを後にした我が家一行。一番の目的である金毘羅さん参りを達成したので、後は、ここから九州へどうやって帰るか。候補は3つ。①坂出から倉敷に向かい山陽道を走る瀬戸大橋ルート。②今治から尾道に向かい山陽道を走るしまなみ海道ルート、③八幡浜まで走りフェリーで臼杵に渡る四国横断ルートです。



2018-01-17T13:39:23.jpg愛媛県地図



瀬戸大橋ルートは少し後戻りになる(時間が掛かる)ので却下。しまなみ海道ルートで途中の大三島にある大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)を参拝するってのも考えましたが、金毘羅さんにお参りしたばかりですし、始めての四国ってことで四国横断ルートに決定!



2018-01-17T12:25:43.jpg松山城



松山自動車道を通って、愛媛県の県庁所在地、松山市を目指しました。松山で行ってみたかったのは、やはり名城松山城です(嬉)標高132mの勝山にそびえる平山城の松山城は、城好きにはたまらない「現存12天守」の一つですよ(喜)



2018-01-17T12:25:43.jpgロープウェイorリフト(汗)



天守のある本丸まで徒歩で約30分とのこと。早朝から金毘羅さん(標高約250m)の石段785段を登った後なので、私はパス(汗)高所恐怖症ですが、あえてリフトで行きましたよ(笑)ちなみに子供達もパス(爆)



2018-01-17T12:25:43.jpg松山城



リフトを降りてしばらく石畳の道を登り本丸に到着しました。本丸は想像していた以上に大きくて、小学校のグラウンド並みの広さでした。いたるところに桜の木が植えられており、春の花見のシーズンは見応えがあるんでしょうね(喜)



2018-01-17T12:25:43.jpg松山市の街並み



松山城は、安土桃山時代に活躍した武将の一人、加藤嘉明(ゆるキャラ「よしあきくん」のモデル)が築城したと言われる平山城で、松山市を見下ろす勝山山頂にそびえ立っています。本丸の展望台からは松山市の街並みが見えて、爽快でしたよ(喜)



2018-01-17T12:25:43.jpg松山城とゆるキャラ「よしあきくん」



現存12天守は、犬山城(愛知県)と姫路城(兵庫県)に続いて3城目。次は松本城(長野県)あたりが目標。私的には大満足でしたが、子供達には「千と千尋の神隠し」の「油屋」のモデルとも言われている道後温泉本館観光の方が良かったかも…



***************



今日、1月17日は阪神淡路大震災が起こった日です。三連休が終わった火曜日の早朝。当時、私はまだ九州の大分に住んでいましたが、目覚めて起きてテレビをつけた時に見た神戸市街の変わり果てた姿、今でも忘れられません。あれから23年。改めて震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。



地震だけでなくいろんな自然災害が多い日本。いつ災害に遭っても対応できるよう、日頃から準備(心も身体も物も)を怠らないように心掛けたい、改めてそう思います。頑張れ日本、頑張ろう日本!



nice!(27)  コメント(2) 

金毘羅さん参り@香川県 [旅行・観光]



日にちが空きましたが、今日から再び年末の帰省旅行記に戻ります。前回は金毘羅さんの街、琴平町で、さぬき名物「骨付鳥」を食べたっていうところで終わっていたかと。今日の記事はいよいよ今回の帰省旅行の一番の目的、金毘羅さん参りです(嬉)



2018-01-16T20:22:58.jpg無料で貸し出されいる杖



ホテルで朝食を済ませた後、午前8時半に金毘羅さんに向けて出発しました。ちなみにホテルのご好意で、チェックアウト後も駐車場に車を駐めさせてもらいました。こういった気配り、すごく嬉しいですね。ありがとうございます(嬉)



2018-01-16T20:22:58.jpgいざ出発!



金毘羅さんへの入り口までは徒歩5分。そこからは平坦な石畳の道を参道を目指して歩きます。両サイドにはお土産物屋さんや讃岐うどんのお店が並んでいますが、早朝ということで、どの店もまだ開店前でした。残念。



2018-01-16T20:22:58.jpg参道



石畳の道が終わるといよいよ石段が登場。本殿まで785段。奥社までは1368段。奥社へは、台風被害の影響で途中で通行禁止のため行けませんでしたが、それでも本殿までの785段。体力に衰えを感じる今日この頃、無事に登れるか不安いっぱい(汗)



2018-01-16T20:22:58.jpg参道途中から見た風景



悪い予感は的中(汗)日頃の不摂生と運動不足がたたって、登り始めて5分くらいで、足は痛くなるし、腰も悲鳴をあげ出すし、先を行く子供達はあっという間に見えなくなってしまいました。それでも頑張れたのは、途中で振り返った時に見えた風景が素晴らしかったからかも(嬉)



2018-01-16T20:22:58.jpg旭社(628段)



石段を登り始めて20分くらいで628段目にある旭社(あさひしゃ)に到着。石段が切れて大きな社が見えてきたので、やっと本殿に到着したかと思いましたが、まだまだ100段以上も先…。ちなみに写真が少ないのは、あまりに疲れて写真を撮るどころではなかったからです(汗)



2018-01-16T20:22:58.jpg本殿(785段)



老体に鞭打って、最後の急な石段を登りきって、ようやく本殿(785段)に到着しました(嬉)「やったぁ(喜)登りきったぞぉ」これまでの疲れが一気に吹っ飛ぶハイテンション状態。これが噂のクライマーズハイってやつかな?



2018-01-16T20:22:58.jpgさぬきの風景(向こう側が讃岐富士)



本殿のそばにある展望台から改めてさぬきの風景見ると、想像以上に高いところまで登ってきたことがわかります。頑張った俺、自分で自分を褒めてあげたい(笑)(どこかで聞いたことのあるセリフですが…)



2018-01-16T20:22:58.jpg横から見た本殿



大物主神(おおものぬしのかみ)と崇徳天皇を祀っている金毘羅さん(金毘羅宮)は、海上守護や医療などに様々な御利益があると言われています。本殿の近くには絵馬堂があって、たくさんの船に関する絵馬が課さられていました。我が家一同もお参りしました。



2018-01-16T20:22:58.jpg金のお守り



本殿にお参りした後は、社務所へ。お金持ちになれそうな金のお守りと、



2018-01-16T20:22:58.jpg天狗のお守り



金毘羅さんの本殿(本当は奥社でしか購入できないらしい)に登り着いた人しか購入できない、天狗の絵が描かれたお守りを入手しました。御利益があるといいなぁ(望)



2018-01-16T20:24:16.jpg女坂



今回の帰省旅行で訪れた香川県では、「銭形砂絵」と「金毘羅さん」のお金に御利益のある場所を訪れたので、今年はいろんなことで予期せぬゴールデンラック(Golden Luck)がやってくること、密かに期待しています(望)



nice!(26)  コメント(1) 

うどん以外のさぬき名物:第55回愛知杯G3 [旅行・観光]



「銭形砂絵」とすぐ側にある道の駅?「世界のコイン館」で「お金持ちになりますように」ってお願いした後、宿泊先(琴平町)の「ことひら温泉琴参閣」さんに向かいました。楽天トラベルで格安で予約していたのであまり期待していなかったのですが…



2018-01-12T16:49:14.jpg立派な温泉旅館(驚)



結構大きな温泉旅館で驚いちゃいました。スタッフの方々もすごく優しく説明も丁寧で、これで親子三人(大人2名、小人1名)で1万円ちょっと(一泊夕食なし朝食あり)というのは、いくらシーズンオフとはいえ、文句のつけようがありませんよ(嬉)



2018-01-12T16:49:14.jpg田中屋さん



大浴場で一風呂浴びてから、琴平の街に夕食を食べに出かけました。ホテルのスタッフさんに「この地域ならではの料理が食べたいのですが…」って教えてもらったのが、ホテルから歩いて5分、というかすぐ側の「田中屋」さんです。



2018-01-12T16:49:14.jpgビールで乾杯!



まずは飲み物。私は1日の疲れを癒すために、もちろんビール(氷冷アサヒスーパードライ)を注文(喜)愛娘は素直にラムネ。そして息子は「俺もビール」「ただし子供ビール(笑)」子供ビール??? メニューを見ると確かに子供ビールが!(グレープフルーツ味だったようです)



2018-01-12T16:49:14.jpgさぬき名物「骨付鳥」



田中屋さんのオススメ料理はさぬき名物の骨付鳥。注文してから出来上がるまで30分くらいかかるとのことだったので、まずは親鶏と若鶏を1本づつ注文し、居酒屋料理のカキフライやカリカリチーズ揚げを食べながら待っていると「お待たせしました、骨付鳥です」って店員さんの声(嬉)



2018-01-12T16:49:14.jpg骨だけの姿(汗)



スパイスに漬け込んだ鶏のモモ肉をじっくりと焼き上げた骨付鳥。親鶏は肉感があって食べ応えあり(嬉)一方の若鶏はジューシーな肉汁がたまらなく美味しい(喜)香川県丸亀市が発祥で、うどん以外のさぬき名物らしいです。これ、次回の男の料理で作ってみようかなぁ



***************



中京11R 第55回愛知杯G3 芝2000m ハンデ戦



先週のシンザン記念G3で本命馬が惨敗しながらも同枠の人気薄馬が2着に頑張ってくれたおかげで、代用馬券の枠連をゲット(嬉)開催3日目にして片目をあけることが出来ました(喜)今週の3重賞で2018年の開眼といきたいところですね。



土曜日の重賞は今週から開催される中京競馬場で行われる愛知杯G3です。寒い時期のハンデ戦、しかも牝馬限定戦なので、ここ5年の3連単の配当は、21万、471万、4万、34万、12万と荒れ放題です。今年は昨年の勝ち馬マキシマムドパリと3着馬クインズミラーグロも参戦していますが、どちらも昨年より斤量が増えていますし、今年も波乱の可能性は高そうです。



1枠2番ギモーブを狙ってみます。スタートが安定しない馬なので、道中の位置どりが鍵になると思いますが、折り合いがついた時の末脚は一級品。逃げ宣言の13番やウォッカの娘の5番、そして先行抜け出しの競馬が板についてきた人気の7番など、前は結構激しくなりそう。急坂のある阪神外回りで上がり33秒台なら、開幕週といえど届く気がします。



相手は、同じく末脚の切れる馬から、ィープインパクト産駒の17番とハーツクライ産駒の3番、安定した末脚が魅力の9番、2番と同じハービンジャー産駒の8番、そしてトップハンデで人気の7番、そして同条件の前走の中日新聞杯G3で7番と差のない競馬をした14番の6頭で勝負したいと思います。



馬券は、馬連とワイドで2番から3番7番8番9番14番17番への流し(6通り、6通り)と3連複フォーメーションで2番9番17番-2番9番17番-2番3番7番8番9番14番17番(13通り)



***************



nice!(26)  コメント(1) 

噂の金運スポット! [旅行・観光]



「がもううどん」さんで腹一杯になった我が家一行。宿泊予定の琴平町はすぐ近くですが、チェックインにはまだ時間が早すぎる…ということで、噂の金運スポットに行ってきました(嬉)



2018-01-11T15:48:23.jpg銭形砂絵@観音寺市



観音寺市にある「銭形砂絵(ぜにがたすなえ)」です(喜)砂浜に描かれた「寛永通宝(かんえいつうほう)」の巨大な砂絵。大きさは東西122m、南北90m、周囲は345mもあるそうですよ(驚)←web情報



2018-01-11T15:48:23.jpg琴弾公園(ことひきこうえん)から



すぐ側の琴弾公園の展望台に登って、じっくりと観てきました(嬉)1633年に一夜にして作られたと言われている「銭形砂絵」ですが、400年近く経った今でもハッキリと観ることができました。



2018-01-11T15:48:23.jpgお土産も



この銭形砂絵を観た人は「健康で長生き、お金に不自由しない」と伝えられており、屈指のパワースポット(金運スポット)とのことなので、我が家一行(私、愛娘、息子)も健康で長生き、しかもお金に不自由しないこと、間違いなしですよね!



2018-01-11T20:02:53.jpg黄金色ライトアップ(webから…)



日が暮れてから数時間はライトアップされるそうで、黄金色になることもあるらしいですね。テレビドラマの銭形平次のオープニングでも映し出されていたという「銭形砂絵」。皆さんも金運アップを目指して、一度、行ってみてはいかがですか。



nice!(30)  コメント(1) 

香川県と言えば(嬉) [旅行・観光]



鳴門の渦潮を跡にした我々三人。時刻はお昼前。「さーて、お昼ご飯はどうしようか?」「すぐお隣は香川県だよ」「香川県と言えば…(嬉)」(二人揃って)「うどん県(笑)」



2018-01-10T17:19:59.jpgうどん県(笑)



そうです、折角四国に来たんだから、やっぱり本場の讃岐うどんを食べなくっちゃね(笑)早速、食べログで美味しい讃岐うどんのお店をチェック。「かまたま(釜玉?)」発祥の店として有名な「山越うどん」さんにするか、それとも…



2018-01-10T17:19:59.jpg「がもううどん」さん



「折角だから、やっぱり有名なお店がいいね」って愛娘が選んだのは、高松市のお隣、坂出市にある「がもう(蒲生)うどん」さん。製麺所併設で、セミセルフ(茹で上がったうどんを受け取り、自分で出汁をかけて食べる)方式みたい。



2018-01-10T17:19:59.jpg駐車場は既に満車(驚)



ナビを頼りに細い道を入って、「がもううどん」さんに到着。お昼時のせいか駐車場は満車(驚)子供達を先に降ろして列に並ぶように告げて、私はひたすら駐車場の空き待ち(汗)流石に有名店だけはありますね。駐車場には香川県以外のナンバーも多い!



2018-01-10T17:19:59.jpg大鍋で



40分ほど待ってようやく店内へ。値段はうどん小(一玉)で150円、大(二玉)が250円、トッピング(天ぷら、あげ、温泉たまご)はどれでも100円均一とリーズナブル。某チェーン店の丸◯製麺もこれくらいの値段だったらな(笑)



2018-01-10T17:19:59.jpg水切り



店内では、グラグラと沸騰している湯が入った大きな鍋に、店員さんが手際よくうどん玉を入れていきます。長い時間、列に並んでいたこともあり、真横で見ているだけで、お腹がグーグー(汗)湯気が立ち込める丼にうどんを入れてもらっただけで、なんかニヤケてしまいますね(笑)



2018-01-10T17:19:59.jpgトッピング



私が選んだトッピングは温泉たまごと大きなちくわの天ぷら。子供達もそれぞれ自分の好みの具材をトッピング。うどん代とトッピング代の合計をお店の方に払って、ここからが初めてのセミセルフ方式…



2018-01-10T17:19:59.jpgスープ(出汁)



前の方のやり方をよーく観察して…(笑)大きな寸胴に入った熱い出汁をお玉ですくって入れて…(笑)この熱い出汁が丼の縁に当たって、子供達には結構危険(危)愛娘は自分でやりましたが、息子の分は私が…



2018-01-10T17:19:59.jpgいただきます(嬉)



運良く店内のテーブル席が空いて、初めての本場の讃岐うどん、実食です(喜)「う、うめぇ(嬉)」茹でたてのせいか、麺はツルツル、それでいながら腰もちゃんとあって、流石、本場ですね(嬉)



2018-01-10T17:19:59.jpgお土産



私は、幼少の頃から食べ慣れている腰のないうどん(唐津などの北部九州のうどん、牧のうどんなど)の方が好きなのですが、これはこれでメッチャ美味しい(嬉)思わずお土産用の「がもううどん」を購入しちゃいました(笑)



2018-01-10T17:19:59.jpg「がもううどん」さん



我が家が食べている間にも、沢山の方々がお店を訪れていました。値段も手頃だし、お腹にもすっと入っていくし、本当に美味しかったです(嬉)香川県の方々にとって、讃岐うどんはソウルフードなんでしょうね。ごちそうさまでした。



nice!(26)  コメント(2) 

渦の道@徳島県 [旅行・観光]



今日から数日は、年末の帰省旅行で立ち寄った四国(徳島県、香川県、愛媛県)の記録を記事にする予定です。



2018-01-09T19:35:34.jpg淡路島から大鳴門橋を渡って…



十数年前に兵庫県の姫路市に住んでいたことがあって、私自身はその時に徳島県まではドライブで行ったことがあるのですが、子供達は初めての四国。まあ、私も初めてみたいなものですね(笑)



2018-01-09T19:36:18.jpg徳島観光案内図



淡路島南PAで徳島県の観光地をチェック。徳島県で私が一度は行ってみたい場所は、かずら橋で有名な奥祖谷ですが、季節的に、そして安全面を考慮すると、冬よりも夏の方が良さそう。なので、次回以降に…



2018-01-09T19:38:06.jpg渦の道



ということで、オーソドックス?に鳴門の渦潮を観に「渦の道」に行くことに。以前に行った時に、潮の流れが速い時間帯(満潮or干潮)が大きな渦が観れるって聞いていたので、到着後すぐに潮目をチェック。



2018-01-09T19:42:18.jpg中潮



行った12月26日は中潮。満潮時間は午前11時過ぎですが、その1時間前後は見頃って、webで紹介してありました。時間は午前10時。いい時間帯に到着したねって、この時は思っていたのですが…



2018-01-09T19:42:18.jpg渦の道の案内図



入口で入場料を払って「渦の道」内へ。早朝にも関わらず観光客はなかなか多かったです(驚)でも多くは外国から見えられた方。日本全国の有名観光地はどこも同じような感じなのかな。



2018-01-09T19:42:18.jpg渦潮?



大鳴門橋の真下に作られた道(補修点検用の橋かな)を数百メートル歩いて、渦潮が1番よく見えるというスポットの到着。しかし、潮の流れは分かるものの、肝心の渦潮は分かりません(困)立ち尽くす私達を見ていた観光ボランティアの方が「満潮よりも干潮の時がよく観えますよ」「季節は春、ゴールデンウィークの頃」「大潮がベスト」って教えてくれました(嬉)



2018-01-09T19:42:18.jpg阿波踊り



潮が満ちる満潮の方が流れに勢いがあるから、大きな渦が観れるって思っていました(汗)「勉強になったね」って愛娘。そういえば、以前に来たのは淡路島で花博があっていたゴールデンウィークの頃だったな。あの時は人が多くて観るのも大変だった…



nice!(26)  コメント(3) 

三保の松原@ユネスコ世界文化遺産 [旅行・観光]


年末年始の帰省時に訪れたユネスコ世界遺産の最後は、復路で立ち寄った静岡県の世界文化遺産「富士山ー信仰の対象と芸術の源泉」の構成要素である「三保の松原」です(嬉)


2017010612100000.jpg三保の松原


実はこれまで、静岡県は高速道路で通過するばかりで、SAには立ち寄ったことはあるもののICで降りたのは初めてです。唐津の「虹ノ松原」、京都の「天橋立」、そして静岡の「三保の松原」は日本三大松原として有名です(嬉)


2017010612070000.jpg案内板


だから、静岡県の最初の訪問地が「三保の松原」というのも何かの縁かもしれませんね(喜)静岡ICを降りて、太平洋に面する海岸線を走ること約30分で、目的地の「三保の松原」に到着しました(嬉)


2017010612110000.jpg富士山景勝地


有名な観光地としては珍しく、駐車場はなんと無料(驚)案内板に従って歩くとすぐに、曲がりくねった大きな松の木「羽衣の松」が見えてきました(喜)うーん、確かに濡れた服(羽衣)を干したくなるような枝ぶりでした。


2017010612160000.jpg絶景なり(嬉)


そして、いよいよ歌川広重が浮世絵に残した三保の松原から臨む富士山の姿が(驚)いやぁ、噂に違わぬ絶景でした(嬉)富士山の火山灰のせいか、砂が少し黒みがかっており、白砂青松という感じではありませんでしたが、すごく美しい風景でした(喜)


2017010612180000.jpg走り出す愛娘



愛娘は「教科書に載っていた写真は、もっと富士山が大きかった」「もう少し松原の端まで行って、写真を撮ってくる」って、良い画を撮るために富士山の方向へ向かって走り出しました。でも、私には砂浜を走る元気はとてもとても(汗)


2017010612180001.jpg息子は…(汗)


あっという間に、ずっと向こうまで走って行った愛娘でしたが、一方の息子は砂浜に座り込んで砂遊び(汗)まあ、私の子供ですから、仕方がないですね(爆)今回の帰省では5箇所の世界遺産を訪問しましたが、RPGじゃないけど、いつかは全制覇したくなりました!


広島のお土産 [旅行・観光]


帰省の途中で立ち寄った広島。お好み村、原爆ドーム、平和記念公園、に平和資料館、そして安芸の宮島、厳島神社…。時間をかければ、もっといろんなところがあるんでしょうね。また、いつか…


2017010921550000.jpgもみじ饅頭


ということで、広島のお土産の紹介です(嬉)広島土産と言えば、やっぱり「もみじ饅頭」ですよね(笑)いろんなメーカーさんから販売されている「もみじ饅頭」ですが、今回購入したのは


2017010921550001.jpgカープもみじ饅頭


香月堂さんの「カープもみじ饅頭」です(喜)


2017010921550002.jpgカープ坊や


パッケージにはもちろんカープ坊やも描かれてますよ(笑)


2017011021290000.jpgつぶあん&抹茶


詰め合わせセットを購入したので、オーソドックスなつぶあんの他に、クリーム味や抹茶味のもみじ饅頭も入っていました(喜)カープもみじ饅頭ともみじ饅頭は、多分、味は同じかな。美味しゅうございました(嬉)


2017011021300000.jpgもみじ饅頭


ところで、広島土産と言えば思い出すのが、数年前に山陽道の宮島SAで見つけた「女子高生キムチ」ですが、今年も見つけることが出来ませんでした(悲)どこかに売っていると思うんだけどなぁ


唐津くんちの曳山行事@ユネスコ無形文化遺産 [旅行・観光]


昨年の12月1日、エチオピアで行われたユネスコの会合で、「唐津くんちの曳山行事」を含む日本の「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されることが決定されました(嬉)


2017010412200000.jpg祝「唐津くんち」ユネスコ無形文化遺産


既に「京都祇園祭」が2009年に登録されていましたが、今回は、日本全国で行われている代表的な屋台行事を含めて登録されることになりました。その数、18府県の33祭りになります。


2017010412200002.jpg曳山展示場


私も唐津っ子の端くれ。昨年の唐津くんちには帰れなかったので、今年の正月の帰省時に、曳山を見るために曳山展示場へ立ち寄ってきましたよ(喜)


2017010412250000.jpg唐津くんち


唐津くんちの起源は、刀町の石崎嘉兵衛(いしざきかへい)が伊勢旅行に行った帰りに立ち寄った京都で見た「京都祇園祭」を参考にして、文政2年(1819年)に1番山の赤獅子(あかじし)を造ったのが始まりと言われています。


2017010412270000.jpgパンフレット


今から約200年前に九州の外れで、このような豪華な曳山を造ろうと思いついたのも凄いですが、現在の価格で5億円以上とも言われる建造費を捻出できたことにも驚きますよね(驚)


2017010412270001.jpg曳山一覧


ユネスコ無形文化遺産への登録が推奨された後に開催された昨年度の唐津くんちには、例年よりも多い観光客の方に来ていただいたらしい。ありがたいことです。


2017010412130001.jpg唐津くんちTシャツ


今回はお土産として、唐津くんちがデザインされたTシャツを買って帰りました。これを着れば、いつでも唐津くんちと一緒になれますからね(喜)


前の10件 | - 旅行・観光 ブログトップ